牡蠣ができるまで

おいしい牡蠣ができるまで

世界に約100 種類もあると言われる牡蠣。
日本にも多く生息しますが、国内で養殖される牡蠣の殆どが「マガキ(真牡蠣)」です。
牡蠣づくりは、産地や種類、生産者によって異なりますが、
代表的なのが「垂下式養殖」(すいかしきようしょく)です。
海の栄養をたっぷりと含んだおいしい牡蠣ができるまでをご紹介します。

安心・安全への取り組み

『Rが付かない月は牡蠣を食べるな』はひと昔前のお話。
現在では生産者が24~72時間の紫外線殺菌海水による浄化処理を行い、99.9%以上の無菌状態での管理ができます。また全ての生産者から店舗まで直送で保冷輸送を行っている為、一年を通して安心・安全で美味しい牡蠣をお召し上がりいただけます。

・当店で取り扱う牡蠣は、生産者が一般細菌・ノロウイルス検査を行い、安全な牡蠣のみをご提供しております。
・牡蠣は非常に栄養価の高い食品ですが、稀に体調不良の原因となることがございます。
 食べ過ぎや過去に体調不良を起こした経験のある方、初めての方は特にご注意ください。
 体調の優れない方やお子様、妊娠中の方、ご高齢の方はお控えください。

Copyright(C) TRINITY OYSTER HOUSE. All rights reserved.