OYSTER

TRINITY OYSTER HOUSE
おうち牡蠣セットの夏季の配送はお休みさせていただいております。

発送再開の時期はこちらにてお知らせいたします。
今しばらくお待ちくださいませ。

末竹 邦彦さん

九十九島

208個の島々からなる長崎県九十九島の西海国立公園内の清浄海域で養殖している末竹さん。牡蠣の成長を促すため、本垂下する前にはプランクトンの多い表層近くの筏に牡蠣を設置し、水温が上がり酸素不足になる夏場は、筏にマイクロバブルの装置を設置し、酸素を送り込みます。

津田宇かき

たつの市室津の12の生産者のうち、筏全体の15%強を所有する一番大きな生産者です。長男で専務である津田侑典さんが中心となり、3兄弟で牡蠣づくりに取り組んでいます。夏と冬の水温差が激しい海域のため身の入りが早く、大きく、甘みの強い牡蠣が育ちます。

長 石 か き

一般的には松島湾内で抑制・本垂下して養殖しますが、高橋さんはさらに沖合の海苔養殖海域の中で牡蠣を育てます。また、水揚げ時は成長の早い上部1/3のみを水揚げし、すべての牡蠣が同じように成長した後に残りを水揚げします。美味しい牡蠣を作るために、どんな手間ひまも惜しみません。

広 田 湾

広田湾小友地区、東日本大震災で大きな被害を受けた地域です。藤田さんの工場もすべて流されてしまいましたが、ボランティアの協力もあり、いち早く筏などの復旧が進み、二年後には再出荷に辿り着きました。まだまだ完全な復興は先ですが、震災で海底を掻き混ぜられたため、以前より成長が速くなりました。



Copyright(C) TRINITY OYSTER HOUSE. All rights reserved.